女性を内側から美しくするプロジェクトとは商品の誕生ストーリー

Hot Voice

医学博士/米井嘉一氏

米井医師photoプロフィール:1958年東京生まれ。慶応義塾大学医学部卒業。日本初の抗加齢医学の研究講座である同志社大学アンチエイジングリサーチセンター(京田辺市)教授として、研究に尽力するほか、米国抗加齢医学会の認定医として、抗加齢医学を日本に紹介。抗加齢医学のリーダーとして普及に努めており、新聞・雑誌・メディアなど各方面で活躍している。2001年、総合病院では全国で初めてとなる「老化度判定ドック(アンチエイジングドック)」を日本鋼管病院内に開設。2005年、同志社大学アンチエイジングリサーチセンター教授就任。

Voice:「大豆イソフラボンが人体に及ぼす影響についてはこれまで全く知られていなかった。今回、ソイビーンズティーという製品を一般の医薬品と同じ土俵にのせて、厳しい臨床試験に臨んだことの意義は大きい」

 臨床試験の詳細を見る

その他、メールや電話で様々な声をいただいております

Voice:大豆については、家森幸男先生のイソフラボンのセミナーを過日、受講していまして、いかに人間の体に大切か、そして女性の体への有効性を教えていただいていました。40代前半の私は、きたる更年期障害にもそなえないといけません。それから、食事を摂りながらのダイエットをこれからも続けていく予定の私には、大豆は必須食品です。

ソイビーンズティを一日に何杯も頂き、朝、黒ゴマきな粉入りバナナジュース(豆乳、バナナ、黒ゴマきな粉、青汁、コラーゲンの粉末、ヨーグルト)を飲んでいるので、最近は、イソフラボンのサプリを服用しなくても、生理痛も楽になりました。
口淋しいときは、ソイビーンズティに、ジンジャーハニー(山田養蜂から出ている、しょうがのはちみつ漬け)をたらして、頂いています。体が温まります。

就寝前には、ソイビーンズティに粉末コラーゲンを入れて、飲んでおります。ソイビーンズティにもコラーゲンが含まれているようですが、粉末コラーゲンを入れて就寝前に飲むと、輪をかけて、効き目があるようです。
翌朝、全身の肌がしっとりです!

これからも、御社製品を愛飲させていただきます。
女性の体に効く、商品をこれからもどんどんご紹介下さいませ。