女性を内側から美しくするプロジェクトとは商品の誕生ストーリー

(株)アンチエイジングバンクによる臨床試験

臨床試験の内容

「ソイビーンズティー」は、(株)アンチエイジングバンクで臨床実験を行いました。

抗加齢(アンチエイジング)医学の目的は単に寿命を延ばすのではなく、老化による心身の衰えを防ぎ、生活の質(QOL: quality of life)を高く保ちながら、健康で幸せで、かつ美しい人生をまっとうすることを目的とした医療です。
医学的には予防医学に属し、診断としての老化度判定ドックがあり、治療としての食事・運動などの生活療法や、サプリメント療法、ホルモン補充療法などの薬物療法があります。
最近では、女性ホルモン(エストロゲン)と類似の働きをする大豆イソフラボンが、女性の生理に伴う体調不良の改善、乳癌や子宮大部癌の予防の観点から注目されていることもあり、今回、これらの飲茶療法が抗加齢(アンチエイジング)の観点からQOLの向上につながる可能性があるか否かについての観点から、大豆イソフラボンを主成分とする、ソイビーンズティーについても非盲検オープン試験を施行し、検討しました。

治験対象者 25歳〜45歳女性健常者
方法 指定のマグカップに1ティーバッグを入れ、 沸騰したお湯を約 250ミリリットル注ぎ、ティーバッグを出さずに飲茶した。
回数 朝・昼・夕の毎食時および、就寝前あるいは入浴後の1日4回

エビデンスフロー

フロー 

※「エビデンス」とは、ある医学的事実に対する臨床的、学問的な証拠、裏付けを指します。