女性を内側から美しくするプロジェクトとは商品の誕生ストーリー

商品の誕生ストーリー

1. 出産と悪性腫瘍

私が、3年前、出産後に入院していたとき、お見舞いに来てくれた母に甲状腺の膨らみを指摘され、検査を経て手術をしました。結果は甲状腺の悪性腫瘍。甲状腺と副甲状腺をほぼすべて摘出しました。

甲状腺は、のどぼとけの下に、ちょうど蝶が羽を広げて気管を抱くような形でくっついているもので、体の新陳代謝を促す甲状腺ホルモンを分泌しています。甲状腺ホルモンは発育や成長に欠かすことができず、また全身(脳、心臓、消化官、骨、筋肉、皮膚、その他)の新陳代謝を活発にする働きがあり、精神神経や身体の活動の調整にも働きます。さらに血液中のカルシウム濃度を調整したり、生成したりする働きもあります。

手術をして退院したのは、1週間ほどでしたが、私にとっては、退院前と退院後では、世界がまるで違って見えました。思えば、出産時以外、病気や病院とは無縁の生活だった私は、ここにきて改めて医師や病院、そして患者のあり方などについて考えたり、またセカンドオピニオンという言葉を知ったのもこのときでした。

甲状腺がなくなった私は、健康情報に敏感になるとともに、食や食材に対するこだわりが強くなりました。テレビや雑誌、Webでも情報があふれている中、本当に信頼できる情報を追求しました。折しも出産直後で、ホルモンバランスが崩れていたことも重なり、自分の身体に対する不安とともに、精神状態も不安定。そんなとき、近所の幼なじみにすすめられて出会ったのが、おからのお茶でした。

2. 元祖「おから茶」の製造元を訪ねて

私が、このお茶を飲み続けてしばらく経った頃、身体や心の状態が改善されていることに気が付きました。そこでその声を伝えたくて購入していた店に、製造会社を紹介してもらったのです。

果たしておから茶は、4代目のお茶屋の主人が、フライパンのこげた卯の花を見て、偶然思いついて商品化したものでした。おからに大豆胚芽を20%入れ、職人の手でこだわり焙煎したものです。豆腐を作るときに出る副産物であるおからは生の状態ですぐに腐敗がはじまることから、すばやく乾燥させてくれる工場を探すところからはじまったこと、栄養価を高めるために胚芽を加えたこと、焙煎は試行錯誤の末、表面をじっくりと焙煎して内側に栄養分を閉じ込めるドラム式という方法で熟練した職人の手によりこだわって行っていること、現在は、静岡県内の限られた店舗でしか購入できないとのこと。私は、ぜひ、このお茶を、同じような悩みを持つ女性たちに知ってもらいたい、と考えました。

3. より、信頼性ある商品として発信するために

今、様々なサプリメントがちまたにあふれていますが、「本当にこの成分が入っているの?」「本当にこれって効くの?」というものが多いのが実状です。たとえ、臨床試験はやっていたとしても、選んだり購入したりする時点では、それが消費者には伝わりにくい。これはもちろん、表示上の制限などがあることも、その原因のひとつです。 自分の身体によいものは、しっかり調べてから購入するという賢い消費者が増えている今だからこそ、本当の商品の信頼性を追及した商品でなくては、と考えました。

そこで、その成分を分析するとともに、県立大学で実験を行うことになりました。ラットに投与した結果、骨成分が増加することが実証されたのです。さらに、25歳〜45歳の女性たちを対象に、医療機関で飲用試験を行ったところ、女性の心に対する効果とともに顕著だったのが女性ホルモン値の増加でした。詳しくは、こちらをご覧ください。

さらに、さまざまな女性たちの声をもとに、もっと商品の魅力を高めるために、大豆イソフラボンに加えて、肌によい効果があるというデータがあるN-アセチルグルコサミンとコラーゲンペプチドも配合しました。この配合成分も天然型であること、飲用試験のデータのある素材であることにこだわりました。

4. 商品誕生とウーマンズファクトリー

私自身、がんの手術をして人生について考えたとき、偶然おから茶に出会い、その効果を体感し、さらにデータでも裏付けられた信頼ある商品を、ぜひ一人でも多くの女性に飲んでもらい悩みを軽減させたいという想い、そして多くの方々の協力を得て、販売会社としてウーマンズファクトリーが設立しました。

働いているときも、家事をしているときも、子どもといるときも、どんなシーンでも、思いきり輝いていたい。そんな欲張りな私や貴女をサポートする商品として、ウーマンズファクトリーの商品第一弾として、「ソイビーンズティー・プラスN-C」をご提案します。